• 特定社会保険労務士
  • 年金コンサルタント
  • ファイナンシャルプランナー(AFP)
  • キャリアコンサルタント
  • ワークライフバランス
  • 次世代育成支援

 個人情報保護方針

労働保険事業組合?事業主の特別加入?

労働保険というのは労災保険と雇用保険のことですね。

その労働保険の事務処理を厚生労働大臣の許可を受けておこなう団体が労働保険事務組合です。

ここで労働保険事務組合Q&A

Q1 労働保険事務組合に事務処理を委託できる企業規模は?

A1 常時使用する労働者が
   金融・保険・不動産・小売業  50人以下の事業主
   卸売の事業・サービス業   100人以下の事業主
   その他の事業          300人以下の事業主

Q2 労働保険事務組合に事務処理を委託するメリットは?

A2 ①労働保険料の申告・納付等の事務を代わって処理しますので事務の手間が省けます。

   ②本来労災保険に加入することの出来ない事業主や家族従業員なども労災保険に加入できる
    「特別加入」の適用を受ける事ができます。

   ③労働保険料の額にかかわりなく、3回/年に分割納付できます。
    (事務組合に委託していない場合は、一定額を超えないと分割納付はできません。)

Q3 どうすれば労働保険事務組合に加入することができるのですか?

A3 大阪府社会保険労務士会の会員社会保険労務士が関与している企業について加入をおすすめ
   することができる「大阪SR労働保険事務組合」があります。
   私たちが取り次ぐことで加入することになりますのでより大きな安心をお届けすることができます。
   お問合せ下さい。


この記事に対するコメントはありません


いまむら事務所
  • 〒540-0036 大阪府大阪市中央区船越町2-1-5 吉見ビル2階
  • 〒630-0224 奈良県生駒市萩の台2-1-4

Copyright (C) いまむら事務所 All right Reserved.