• 特定社会保険労務士
  • 年金コンサルタント
  • ファイナンシャルプランナー(AFP)
  • キャリアコンサルタント
  • ワークライフバランス
  • 次世代育成支援

 個人情報保護方針

講師経験多数、その内容は?

今村世津子はいろいろな内容について講演や研修を行っています。
講師経験多数、その内容は?

主な講演先と講演内容は以下です。

講演先講演内容
全国社会保険労務士会連合会事務指定講習 「厚生年金保険」
大阪府社会保険労務士会年金特別部会主に老齢年金について
大阪府社会保険労務士会新規入会者実務研修年金実務について
大阪府社会保険労務士会支部研修年金離婚分割・ねんきん特別便など
60才定年後の賃金設定
大阪府社会保険労務士会 労働契約支援アドバイザーご存知ですか「労働契約のルール」
(社)大阪労働基準連合会、労働基準協会「次世代法」にもとづく「一般事業主行動計画」の策定
(社)雇用能力開発機構大阪センター休日と休暇
パートタイム労働者の雇用
適格退職年金の廃止について
改正 育児・介護休養法
ワークライフバランス
LEC東京リーガルマインド労働・社会保険諸法令について
働く女性のためのセミナー
枚方ハローワークパートタイマー教室
大阪市共済組合澪和会共済年金と厚生年金について
(社)大阪府人権協会相談員養成講座公的年金について
豊能町ふれあい文化センター公的年金について
大阪府税理士会枚方支部公的年金について

少人数でのご近所の集まりから、多くの方に聴いていただける大講堂での講演まで、
「よくわかったよ!」「わかりやすかったです」と言っていただけることが、喜びです。
 

ワークライフバランスと次世代育成支援について教えて下さい

厚生労働省は少子高齢化社会の人口のアンバランスの改善を図る取り組みをしています。

その大きな柱に「ワークライフバランス」~仕事と生活の調和~があり『労働時間の設定の改善』もその取組みのひとつです。

残業を減らす、年次休暇の取得を促進する、さまざまな生活環境、いろいろなニーズを持つ労働者の働き易い環境をつくりだす。
そんな職場環境を会社と労働者が一緒に考えつくりだしていきましょうというものです。


また、「ワークライフバランス」の一環として『次世代育成支援対策推進法(次世代法)』もあります。

子育てをサポートする取組みは国や都道府県もおこなっているところです。
そして、一般の企業もその取組みをすることが義務づけられていますが、その企業規模が平成23年4月から変更になります。

取組みの内容は次世代法に基づく「一般事業主行動計画」を策定し、都道府県の労働局に届出、そしてその計画を実行してゆくというものです。
すでに301人以上の企業はこの取組みをされていますが、新たにこの取組みが義務化されるのは労働者数101人以上の企業です。

施行日は平成23年4月1日なので、それまでに「一般事業主行動計画」を策定し都道府県の労働局に届出る必要があります。


いまむらは、次世代法のコンサルタントをしています。
それぞれの会社にあった一般事業主行動計画をを策定するお手伝いをさせていただきます。
ご不明な点などお問合せ下さい。

 

一緒にうちの会社にあった就業規則をつくるって??

就業規則は会社のルールです。

ちゃんと制定された就業規則のルールが守られているということは、
法律(労働基準法・労働安全衛生法・育児介護休業法・高齢者雇用安定法など)は
守られているということです。
ただ、そのルールが改定されていなく、ロッカーに眠ったままの古いものだったらどうでしょう?

就業規則はいざという時に(労使トラブルや解雇問題など)会社を助ける役目を
はたします。

そして、就業規則の役目はそれだけではありません。
就業規則は貴社で働く社員としてのルールも定めるのです。
働く上で意識しておくべきこと、してはいけないことなどの社員としてのルール、
社員としての働く意欲を高めるルールを定め、知らせ、意識させる働きもあるのです。

一緒に貴社にあった就業規則をつくりませんか?

 

労働保険事業組合?事業主の特別加入?

労働保険というのは労災保険と雇用保険のことですね。

その労働保険の事務処理を厚生労働大臣の許可を受けておこなう団体が労働保険事務組合です。

ここで労働保険事務組合Q&A

Q1 労働保険事務組合に事務処理を委託できる企業規模は?

A1 常時使用する労働者が
   金融・保険・不動産・小売業  50人以下の事業主
   卸売の事業・サービス業   100人以下の事業主
   その他の事業          300人以下の事業主

Q2 労働保険事務組合に事務処理を委託するメリットは?

A2 ①労働保険料の申告・納付等の事務を代わって処理しますので事務の手間が省けます。

   ②本来労災保険に加入することの出来ない事業主や家族従業員なども労災保険に加入できる
    「特別加入」の適用を受ける事ができます。

   ③労働保険料の額にかかわりなく、3回/年に分割納付できます。
    (事務組合に委託していない場合は、一定額を超えないと分割納付はできません。)

Q3 どうすれば労働保険事務組合に加入することができるのですか?

A3 大阪府社会保険労務士会の会員社会保険労務士が関与している企業について加入をおすすめ
   することができる「大阪SR労働保険事務組合」があります。
   私たちが取り次ぐことで加入することになりますのでより大きな安心をお届けすることができます。
   お問合せ下さい。

 

特定社会保険労務士の特定って何ですか?

社会保険労務士は労働、社会保険に関する法律に精通し、人事・労務をつかさどる国家資格者です。

社会保険労務士の業務の中で平成19年4月から新たにスタートしたのが、使用者と労働者の間で紛争が起こった折にその一方を代理することができる「個別労働紛争解決手続代理業務」です。

その業務をおこなう資格を有する社会保険労務士を特定社会保険労務士と呼びます。

私たち社会保険労務士の関与している企業では労使の争いごとが起こらないことはもとより、法律を守って働きやすい労働環境、そして社業の発展をともに目指せる様アドバイスをさせて頂いているところですが、もし、個別労働紛争が起こった折もご相談を受け、方向性を一緒に考えることができる社会保険労務士ということなのです。



いまむら事務所
  • 〒540-0036 大阪府大阪市中央区船越町2-1-5 吉見ビル2階
  • 〒630-0224 奈良県生駒市萩の台2-1-4

Copyright (C) いまむら事務所 All right Reserved.